レーザー脱毛

レーザー脱毛に適する部位について、簡単にご紹介しましょう。


顔全体に照射してもOKです。男性のヒゲも時間がかかりますがOKです。

背中
全体に可能です。薄いうぶ毛の場合は、難しい場合もあるようです。


適していますが、毛が薄い人は難しい場合もあります。日焼けしている場合は、特に注意が必要です。

ワキ
確実に効果を出すことのできる部位といえます。脱毛後は、毛穴が引き締まってすべすべになる効果もあります。

ビキニライン
毛が濃くて太いために痛みがある場合があります。脱毛後は冷却し、腫れを和らげることもポイントです。


腕同様、薄い場合は脱毛が難しい部位です。全体の毛をなくすというより、間引くつもりで取り組むと良いですね。

シミやあざ、盛り上がってるほくろには、レーザーを照射できない場合があります。
事前にスキンチェックを受けて、レーザー脱毛出来るかどうかの判断をお医者さんに仰ぎましょう。

逆に脱毛するときに、薄いシミやアザ、そばかす、ほくろなどにもレーザーが照射されることで、キレイになくなることもあります。

顔全体に照射すると、薄いシミがなくなって、色白になるという効果もあるようです。
実際に脱毛に使用しているレーザーを美白や美肌効果を目的に使用しているクリニックもあります。

永久脱毛について
永久脱毛をしたいという方が最近増えてきているようです。
そして、エステサロンへ行くべきか、それともクリニックで脱毛を受けるべきかを迷われている方も多いことでしょう。

しかし脱毛は、あくまでも医療行為。エステサロンなどで脱毛を受けて、やけどや色素沈着、感染症などのトラブルに巻き込まれた方の話をよく聞きます。
また、エステサロンでの脱毛の場合、器械の出力が弱いために、時間がかかってしまって、脱毛がなかなか進まないという話もよく聞きます。

クリニックの医療脱毛の場合、ひとひとりの予算と期間で脱毛が行えるようにしています。
但し、ドクターがいる医療機関ならどこでも安心と思うのは大間違い。
医療機関によって治療方法はまちまちですし、「脱毛はお金になるらしい」という考えだけで、詳しい知識や豊富な経験もないままにあとから参入してきたドクターも結構いるようです。

レーザー脱毛は、「ドクターの経験」「レーザーの性能」「毛の性質」の3つの要素が重なることで最高の結果を出すことができます。つまり価格が安いからという理由だけで飛びつくのは非常に危険です。

これから永久脱毛にチャレンジしてみたいという人は、雑誌やインターネットなどから出来るだけたくさんの情報を集めて、クリニックや病院を選ぶようにしましょう。

そのためにも、脱毛に関する正しい知識を身につけることが大切です。
また、カウンセリングに行く前には、自分が脱毛に望むレベル(毛を全くなくしたい、怪我少なければよいのかなど)をはっきりさせておきましょう。

そうすれば、カウンセリングによって料金や機関も明らかになってきます。

カウンセリングの際に曖昧な料金や機関しかし召さないところでの脱毛はお勧めできません。脱毛士からきちんとした説明を受け、納得した上で脱毛を受けるようにしましょう。

レーザー脱毛を受ける時の注意

レーザー脱毛を受けるとなると、やはり少し緊張しますね。
でも、経験豊富で実績もあり、事前にカウンセリングを行って脱毛を受ける人の身になって色々な悩みや質問に答えてくれるクリニックに出会うためにも、クリニック探しはじっくりと時間をかけて入念に調査を行いましょう。

良さそうと思っても、脱毛士や医者との相性もあるので、できれば2箇所位をピックアップして、カウンセリングを受けるようにしたいものです。

カウンセリングの時には、クリニックの雰囲気やスタッフの対応等チェックするといいです。

「安い」「早い」という理由だけで脱毛を受けるクリニックを決めてしまうのは、ちょっと安易すぎ。クリニック選びは、慎重に行いたいものです。

そして重要なのが、スキンチェックとテスト脱毛。
お肌の状態は、十人十色。肌の色、お肌の状態、毛の量などは、人によって違ってきます。これらをカウンセリングの時にチェックしてもらい、脱毛に必要となる料金や回数などを決めていくことになります。また、同時にテスト脱毛が行えると尚良いです。脱毛に最適なレーザーの出力などをチェックできます。

痛みに関しては、個人差があります。特に、ワキやビキニラインの毛は、他の部位に比べて濃くて太いという特徴があります。テスト脱毛で痛みなどを確認し、必要に応じてお医者さんに確認して麻酔等も検討します。

脱毛後のアフターケアも大切です。

脱毛を行ったあとの当日の入浴は避け、シャワーなどで軽く済ませます。スポーツや飲酒も控えましょう。

また、洋服等で隠すようにして、脱毛した部位に直射日光が当たらないようにする工夫も必要です。

腕・脚のムダ毛の処理

腕や脚に生えてくるムダ毛の特徴は、比較的柔らかくそして細いということ。
また、これらの部位の毛の成長期は、3ヶ月から半年程続きますので、一度抜いた毛でもすぐに次の毛が生えてきてしまうというのが、悩みの種になってしまいます。

しかし、その部位のお肌は、他の部位に比べて外気にさらされている機会が多いので、他に比べて熱や摩擦等には強くて丈夫という特徴もあります。

この腕や脚の部位は、ほとんどどのような処理を施しても大丈夫ですが、かと言って脱毛をやりすぎると炎症やかぶれを起こしてしまう原因にもなります。脱毛前、脱毛後のケアには十分な注意を払い、綺麗な仕上がりを目指したいものです。

ケア上の注意点をいくつか挙げておきましょう。

①脱毛前には、お肌を清潔にしておくことを忘れずに!
脱毛を行って、雑菌がお肌に入って炎症やかぶれが起きないように、お肌を清潔に保っておきます。お風呂やシャワーなどでお肌を清潔に保つようにしておきましょう。

②脱毛後の肌を冷やす
脱毛後は肌が火照って、軽い炎症を起こしていることもありますので、冷たいタオルなどを用意して、お肌を鎮静させるようにしましょう。

③脱毛したあとは、直射日光を避ける
レーザー脱毛の場合は、レーザーによってメラニンが破壊されており、紫外線の影響でシミや色素沈着になりやすい状態になっていることを知っておきましょう。つまり、お肌の状態が落ち着くまでは、直射日光は避けるようにしましょう。

メンズ脱毛について

メンズ脱毛と言えば、ひげ脱毛以外にも、胸・腹部の脱毛、腕・手の甲・指、足や足の指の脱毛があります。

ひげ脱毛は、メンズ脱毛の中でも一番の人気で需要があるせいか、エステサロンだけでなく脱毛サロンやクリニックでも、ひげ脱毛の施術を行う所が増えてきています。

特にひげは一番目につきやすいですし、毎朝の髭剃りが結構面倒。しかも、可能なら永久脱毛したいという要望もあるようで、そうなると医療機関でのレーザー脱毛が注目されるわけです。

クリニックのひげ脱毛施術を行っている所が増えてきました。特に東京都内では、クリニックといえどもクリニックの分院と呼ばれるところが増えてきていて、都内であれば10カ所以上に分院を構えている所もあります。

ひげ以外の脱毛となると、クリニックで施術が可能なところも幾つかあるようですが、ひげ脱毛程の広がりはまだ見せていないようです。永久脱毛に拘らないということもあるのでしょうか?

ひげ意外であれば、エステサロンや脱毛サロンで脱毛を行う方が多いようですね。
ここでは光脱毛、フラッシュ脱毛、IPL脱毛と言った、それ程痛みを伴わない脱毛方法になるので、抵抗なく行けるようです。

エステサロンや脱毛サロンでは、女性と同じように男性に全身脱毛を行ってくれるところも出てきていますし、しかも月額制を導入しているなど、料金的にも払いやすい仕組みを導入して顧客を獲得しているところもあります。

まだメンズ脱毛はそれ程浸透していないかもしれませんが、あと数年すれば、もっと需要が伸びるのではないでしょうか。

名古屋の脱毛サロンならミュゼプラチナム

医療脱毛とは

医療脱毛とは、医療行為を行う資格をもった医者や看護師が行う脱毛です。
一般の美容脱毛サロンより性能のいい機器を使用することができて、そのぶん仕上がりもいいです。

現在ではレーザー脱毛が主流になっていますが、レーザー出力の違いで脱毛の仕上がりは違ってきてしまいます。
美容サロンでは高出力のレーザーは使用できず、あるラインからは医療資格がないと使用出来ません。永久脱毛は毛根にダメージをあたえて永久に毛を生えさせないようにしますが、出力が弱ければ毛が生えてきてしまいます。医療脱毛は、永久効果が非常に高い脱毛方法といえます。

また医師が処理を行うので、万が一の場合でも安心感があります。
どんなに注意して作業をしたとしても、人によって思いもかけないトラブルが起きる可能性もあります。そういったトラブルの際にも医師が的確に処置をしてくれるので、重大なトラブルになる可能性は低いです。

また、現在の機器は痛みが出にくいので、処置が楽になっています。
以前は痛みに耐えられないで途中でやめてしまうということも珍しくありませんでしたが、現在では冷却しながら処理をしていくので痛みは感じにくくなっています。
また、皮膚へのダメージも最小限に抑えられているので、皮膚にトラブルのある人やアトピーやアレルギーがあったとしても処理が出来るようになってきました。

また、医療レーザー脱毛は非常にスピーディに処理が終わります。
脇の下ならば5分程度で処理は終わってしまいます。医療脱毛は高いというイメージがあるのですが、確実に処理が出来るのでトータルコストで考えると安いことが多いです。脱毛は毛周期があるので1年くらいは通わないとツルツルにはなりません。医療レーザーならば確実にツルツルになれます。

 

 

医療脱毛と脱毛サロンの違い

夏に向けて脱毛を考えている人は多いかと思います。脱毛というと医療脱毛もしくは脱毛サロンになります。
実は両者の明確な違いを理解している人は、そう多くはありません。そこで、医療脱毛と脱毛サロンの違いについて、脱毛初心者でもわかりやすくご紹介します。

そもそも脱毛とは医療行為です。
従って正規の方法を取るとすれば、医療脱毛になります。
それではなぜ、エステでも脱毛できるかというとそれは、脱毛に使用する光の出力が違うのです。

サロンでは光脱毛やフラッシュ脱毛といった方法を採用していますが、医療レーザーよりも出力が低く設定されています。医療レーザーの方がより高出力なレーザーのため、脱毛効果が高いのです。

また、よく永久脱毛と言いますが、本当の意味での永久脱毛をするなら、医療脱毛しかありません。光脱毛は毛母細胞にダメージを与えて毛を生えにくくはしますが、その効果は永久とは言えません。一方、医療レーザーは毛乳頭を破壊する効力があるので、永久に毛を生えてこなくできるのです。実際に、医療レーザーを受けて亡くなるまで毛が生えてこなかったという実績もあるのです。

ここまで見てくると、医療脱毛の方が圧倒的に脱毛効果が高いことがわかると思います。ただその分値段がかかってしまいます。
両ワキで見てみるとサロンなら通常価格で脱毛し放題3000円くらいから、しかもキャンペーンなどを利用すれば1000円以下でも施術が行える場合があります。
しかし、クリニックでは通常1回5000円くらいとその差は歴然としています。ただ、最近では通い放題4000円以内のクリニックもあるので、調べてみて通えるところにあるなら利用するのがいいでしょう。

このように、医療脱毛と脱毛サロンの違いは、医療行為かそうでないか、光の出力の差つまり脱毛効果の差、値段の差にあるのです。

 

医療レーザー脱毛の効果

女性にとってムダ毛の処理はとても大切なボディケアの一つです。
いつまでも美しくいたいと思う事は当然ですし、その下地とも言えるムダ毛のケアは、無視のできないことでもあります。

ムダ毛の処理方法は人により異なりますが、最も効果的な施術と言われるのは、医療レーザー脱毛なのではないでしょうか。

医療レーザー脱毛は、医療機関のみでしか扱えない照射力を持つ機械により、効果的な脱毛が可能で、人気を集めています。

もちろん、医療レーザー脱毛の施術であれ、ある程度の施術回数は必要になりますが、他の脱毛方法と比較してみても少ない施術回数と言えます。
照射力の強いレーザーにより、効率的に毛母細胞を消滅させていきますので、毛周期によって生えてくる毛徐々に細く弱くなっていきます。
そこへ、レーザーを照射しますので、毛母細胞が効率的に消滅に向かうと言えるのです。
医療レーザー脱毛により消滅した毛母細胞からは、毛が生えてくるメカニズムは途絶え、毛穴は塞がっていきます。
毛穴が塞がった肌は、スベスベでツルツルな肌になり、理想的な肌を期待できるのです。
まさに医療レーザー脱毛の効果を実感できることなのではないでしょうか。

しかしながら大事な注意点も存在します。
医療レーザー脱毛は確かに強い照射力の施術での脱毛です。
それだけに、施術回数も少なく済むのですが、施術中に痛みを伴うことでも有名です。
また、施術後は紫外線対策は必須となり、日焼けなどはお肌のトラブルに直結しますので、最も注意が必要になります。

また、費用面でも、他の脱毛方法と比較すると、高額な設定になりますのでその点も考慮することが肝要になります。

施術を受ける際は、各クリニックによるカウンセリングがありますので、充分に相談し、不安な点を解消してから施術を受けましょう。

吉祥寺駅近辺のミュゼプラチナム

 

医療レーザー脱毛を受ける時期

医療レーザー脱毛はすっかり女性の間で定番となりました。
昔に比べ、脱毛機器が低価格化し、それに伴い施術料金も値下がりしました。
ですから、誰でも気軽に脱毛の施術を受ける事が出来る様になったのです。

医療レーザー脱毛は、医療機関で行う脱毛の事です。
医療機関で行う脱毛ですので、医療レーザー脱毛の施術は医師か医師の指導の下に看護スタッフが行います。
使用する脱毛機器も厳しい安全審査をクリアした機器のみを使用したり、と医療レーザー脱毛には安心感があるのです。

また、施術後に万が一肌が炎症を起しても、薬を処方してくれたりとアフターケアも万全です。

医療レーザー脱毛は、エステサロンで行われる脱毛に比べて、脱毛効果が高いです。
脱毛効果が高い分、施術時の痛みが強い傾向にありますが、痛みに弱い方には麻酔クリームや麻酔シートを使用してくれるクリニックがあるので安心です。

そんな安心感のある医療レーザー脱毛ですが、脱毛の施術を受ける際に注意しなくてはいけない点があります。
まず、生理時は避ける様にしましょう。
そして、日焼けした直後などの時期は脱毛を避ける必要があります。
日焼け肌に施術を行うと、日焼けの黒色にレーザーが反応してしまい、火傷の様な状態になる可能性が高いのです。

また、毛抜きで自己処理をした後の脱毛も避けましょう。
毛抜きで毛根から毛を抜いてしまうと脱毛効果が無くなります。

レーザーは毛根の黒に反応して脱毛しますから、脱毛の施術を受ける時は毛抜きでの自己処理をするのは止めましょう。

脱毛の施術後は肌は大変敏感ですので、日焼けをしたり、熱いお湯に入ったりなど刺激を与えずに化粧水やクリームなどでしっかりと保湿行い、肌を守りましょう。

 

医療脱毛の注意点

エステ脱毛よりも効果の高い医療脱毛にチャレンジしよう、と考えている女性は多いかと思います。

医療脱毛は、お金を払えば医師や看護師が全て行ってくれるとお思いの方が多いようですが、ちょっと待ってください。確かに、施術自体は医師や看護師などが行いますが、脱毛にあたって自分で注意するべきことがあるのです。

まずは、施術にあたっての注意点です。
医療レーザーは毛のメラニンに作用する光を照射し、毛乳頭を破壊、毛を生えてこなくする方法です。黒い色に反応するので、毛抜きで抜いてしまうとターゲットがなくなり、施術の意味がなくなってしまいます。だからと言って、ムダ毛がボーボーの状態では尚更NGです。光がムダ毛の長い部分に反応して火傷の恐れがあります。

そこで、施術を受ける日の数日前に、施術箇所は電気シェーバーでお手入れをすることとなっています。電気シェーバーを持っていないからといって、カミソリはNGです。肌が荒れて施術が受けられない可能性があります。
クリニックによっては、有料or無料でのシェービングサービスがある場合があるので、自分でできない人はそういったサービスを利用するのもいいでしょう。

また、脱毛期間中に注意することもあります。
まず、日焼けNGです。
日焼け後の肌は大量のメラニンが発生しています。この状況で照射をしたら火傷をする恐れがあります。また、期間中の毛抜きもやめたほうがいいでしょう。毛周期を乱し、脱毛の効率を悪くします。

施術後の体を温める行為もNGです。
照射後、肌はいわば軽い火傷状態になっています。飲酒、激しい運動、入浴などで体が温まると、赤くなったりかゆみを持ったり、腫れたりすることがあるので、NGなのです。

こういった注意点を守ってはじめて、安心安全、しかも効率のよい医療脱毛が可能となるのです。

脱毛クリニックでの顔脱毛

美容への関心は、従来は女性が主でしたが、近年では男性も興味を持ち始めています。
そういった需要に応えるように、男性専門の美容サロンや、メンズ商品が多く発売され、男性の美容に関する環境が急速に整い始めています。

男性の美容において特に大きな事柄は、育毛や脱毛といった、髪の毛や体毛に関するものです。これは、女性の好みを意識したものであり、脱毛に関しては、男性の体毛は薄い方がいいという、女性の思いに反応しているというわけです。

具体的に脱毛をおこなう方法としては、自分で処理するか、又は、脱毛クリニックのような、美容サロンを利用するかに分けることが出来ます。自分で処理する場合には、市販されている脱毛商品を利用すると便利です。

単純に毛抜きで抜いたり、剃刀でそるのもいいですが、市販されている脱毛クリームなどを利用することで、より効率的に脱毛をおこなえます。福岡県内のミュゼプラチナム店舗情報は、こちら

そうやって、自分で処理するのが面倒だという人は、脱毛クリニックを利用すると良いでしょう。
自分で処理するよりも綺麗に処理できますし、手が届かない背中などの部位も脱毛できます。
また、自分でやるにはめんどくさい顔脱毛も、脱毛クリニックで処理してもらうと非常に楽です。

顔の脱毛は、髭や鼻毛や眉毛、そして顔全体の毛を処理しなければなりませんし、頻繁にやるにはめんどくさいと思っている方も、多いかと思います。ですので、顔の脱毛もそうですし、腕や、指といった、普段から人の目に触れる部位の脱毛は、脱毛クリニックのような、美容サロンでまとめて、そして綺麗に処理してもらうのが、一番です。

そういった美容サロンというのは、お店によってサービスの質は大きく違いますので、WEB上などで口コミ情報を調べ、質の高いお店を探してからおこなうようにしましょう。