レーザー脱毛

レーザー脱毛に適する部位について、簡単にご紹介しましょう。


顔全体に照射してもOKです。男性のヒゲも時間がかかりますがOKです。

背中
全体に可能です。薄いうぶ毛の場合は、難しい場合もあるようです。


適していますが、毛が薄い人は難しい場合もあります。日焼けしている場合は、特に注意が必要です。

ワキ
確実に効果を出すことのできる部位といえます。脱毛後は、毛穴が引き締まってすべすべになる効果もあります。

ビキニライン
毛が濃くて太いために痛みがある場合があります。脱毛後は冷却し、腫れを和らげることもポイントです。


腕同様、薄い場合は脱毛が難しい部位です。全体の毛をなくすというより、間引くつもりで取り組むと良いですね。

シミやあざ、盛り上がってるほくろには、レーザーを照射できない場合があります。
事前にスキンチェックを受けて、レーザー脱毛出来るかどうかの判断をお医者さんに仰ぎましょう。

逆に脱毛するときに、薄いシミやアザ、そばかす、ほくろなどにもレーザーが照射されることで、キレイになくなることもあります。

顔全体に照射すると、薄いシミがなくなって、色白になるという効果もあるようです。
実際に脱毛に使用しているレーザーを美白や美肌効果を目的に使用しているクリニックもあります。

永久脱毛について
永久脱毛をしたいという方が最近増えてきているようです。
そして、エステサロンへ行くべきか、それともクリニックで脱毛を受けるべきかを迷われている方も多いことでしょう。

しかし脱毛は、あくまでも医療行為。エステサロンなどで脱毛を受けて、やけどや色素沈着、感染症などのトラブルに巻き込まれた方の話をよく聞きます。
また、エステサロンでの脱毛の場合、器械の出力が弱いために、時間がかかってしまって、脱毛がなかなか進まないという話もよく聞きます。

クリニックの医療脱毛の場合、ひとひとりの予算と期間で脱毛が行えるようにしています。
但し、ドクターがいる医療機関ならどこでも安心と思うのは大間違い。
医療機関によって治療方法はまちまちですし、「脱毛はお金になるらしい」という考えだけで、詳しい知識や豊富な経験もないままにあとから参入してきたドクターも結構いるようです。

レーザー脱毛は、「ドクターの経験」「レーザーの性能」「毛の性質」の3つの要素が重なることで最高の結果を出すことができます。つまり価格が安いからという理由だけで飛びつくのは非常に危険です。

これから永久脱毛にチャレンジしてみたいという人は、雑誌やインターネットなどから出来るだけたくさんの情報を集めて、クリニックや病院を選ぶようにしましょう。

そのためにも、脱毛に関する正しい知識を身につけることが大切です。
また、カウンセリングに行く前には、自分が脱毛に望むレベル(毛を全くなくしたい、怪我少なければよいのかなど)をはっきりさせておきましょう。

そうすれば、カウンセリングによって料金や機関も明らかになってきます。

カウンセリングの際に曖昧な料金や機関しかし召さないところでの脱毛はお勧めできません。脱毛士からきちんとした説明を受け、納得した上で脱毛を受けるようにしましょう。