医療脱毛とは

医療脱毛とは、医療行為を行う資格をもった医者や看護師が行う脱毛です。
一般の美容脱毛サロンより性能のいい機器を使用することができて、そのぶん仕上がりもいいです。

現在ではレーザー脱毛が主流になっていますが、レーザー出力の違いで脱毛の仕上がりは違ってきてしまいます。
美容サロンでは高出力のレーザーは使用できず、あるラインからは医療資格がないと使用出来ません。永久脱毛は毛根にダメージをあたえて永久に毛を生えさせないようにしますが、出力が弱ければ毛が生えてきてしまいます。医療脱毛は、永久効果が非常に高い脱毛方法といえます。

また医師が処理を行うので、万が一の場合でも安心感があります。
どんなに注意して作業をしたとしても、人によって思いもかけないトラブルが起きる可能性もあります。そういったトラブルの際にも医師が的確に処置をしてくれるので、重大なトラブルになる可能性は低いです。

また、現在の機器は痛みが出にくいので、処置が楽になっています。
以前は痛みに耐えられないで途中でやめてしまうということも珍しくありませんでしたが、現在では冷却しながら処理をしていくので痛みは感じにくくなっています。
また、皮膚へのダメージも最小限に抑えられているので、皮膚にトラブルのある人やアトピーやアレルギーがあったとしても処理が出来るようになってきました。

また、医療レーザー脱毛は非常にスピーディに処理が終わります。
脇の下ならば5分程度で処理は終わってしまいます。医療脱毛は高いというイメージがあるのですが、確実に処理が出来るのでトータルコストで考えると安いことが多いです。脱毛は毛周期があるので1年くらいは通わないとツルツルにはなりません。医療レーザーならば確実にツルツルになれます。