医療脱毛の注意点

エステ脱毛よりも効果の高い医療脱毛にチャレンジしよう、と考えている女性は多いかと思います。

医療脱毛は、お金を払えば医師や看護師が全て行ってくれるとお思いの方が多いようですが、ちょっと待ってください。確かに、施術自体は医師や看護師などが行いますが、脱毛にあたって自分で注意するべきことがあるのです。

まずは、施術にあたっての注意点です。
医療レーザーは毛のメラニンに作用する光を照射し、毛乳頭を破壊、毛を生えてこなくする方法です。黒い色に反応するので、毛抜きで抜いてしまうとターゲットがなくなり、施術の意味がなくなってしまいます。だからと言って、ムダ毛がボーボーの状態では尚更NGです。光がムダ毛の長い部分に反応して火傷の恐れがあります。

そこで、施術を受ける日の数日前に、施術箇所は電気シェーバーでお手入れをすることとなっています。電気シェーバーを持っていないからといって、カミソリはNGです。肌が荒れて施術が受けられない可能性があります。
クリニックによっては、有料or無料でのシェービングサービスがある場合があるので、自分でできない人はそういったサービスを利用するのもいいでしょう。

また、脱毛期間中に注意することもあります。
まず、日焼けNGです。
日焼け後の肌は大量のメラニンが発生しています。この状況で照射をしたら火傷をする恐れがあります。また、期間中の毛抜きもやめたほうがいいでしょう。毛周期を乱し、脱毛の効率を悪くします。

施術後の体を温める行為もNGです。
照射後、肌はいわば軽い火傷状態になっています。飲酒、激しい運動、入浴などで体が温まると、赤くなったりかゆみを持ったり、腫れたりすることがあるので、NGなのです。

こういった注意点を守ってはじめて、安心安全、しかも効率のよい医療脱毛が可能となるのです。